Elgin(8)

Longmorn Distillery(21 Sep 2007)


Longmorn蒸留所は1894年にGlenlossie蒸留所の所有者John Duffによって19世紀末のウィスキーブームの間に建設された。しかしウィスキーブームは終焉を迎え、John Duffは破産。1909年に新しい所有者によって操業が再開された。
1970年にGlenlivet蒸留所、Glen Grant蒸留所と合併し、1978年にシーバスブラザーズ社の蒸留所となった。
1994年までは石炭焚きのポットスティルが存在したが現在はスチーム加熱に変更されている。
以前発売されていたオフィシャル15年のウィスキーは好きなボトルの一つだけど最近はほとんど見ることがない。

Longmorn Distillery was built by John Duff who was a owner of the Glenlossie Distillery, in 1894 during the Whisky Boom in the end of 19th. However, the Whisky Boom had finished and John Duff went bankrupt. the distillery was restarted making whisky by a new owner in 1909.
Longmorn Distillery merged with Glenlivet Distillery and Glen Grant Distillery in 1970, and those became a part of Chivas Brothers in 1978.
There had been wash stills heated by coal until 1994, those have converted heating by steam now.
One of my favorite whisky is distilleries bottling Longmorn 15 years old released before, but I don’t almost watch it these days.

Longmorn蒸留所のウィスキー

Ruins of Railway(21 Sep 2007)


Longmorn蒸留所も19世紀末に建設されたこの周辺の蒸留所と同じく、Morayshire Railwayの側に建設された。そして1898年には専用の支線が造られた。原料やウィスキーの運搬は廃線となる1968年までElgin経由で行われたのだろう。航空写真を見ると支線の跡がわかる。
現在も蒸留所の近くに橋脚跡が残っている。

Longmorn Distillery was built beside Morayshire Railway, same as neighbouring distilleries which were established in the end of 19th, and they built a private branch line in 1898.
They would ship raw materials and whisky via Elgin until 1968 when Morayshire Railway was closed. The trace of the branch line is left to an aerial photos.
The ruin of bridge pier has left near Longmorn Distillery now.

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ