Craignure(2)

Lighthouse on Eilean Msdile(19 Sep 2008)

Duart Castle

オーバンからマル島のCraignureへ向かうフェリーで見える白いきれいな灯台。リズモア島の南西端にある灯台はEilean Msdileと呼ばれる小さな島の上に建つ。
建設されたのは1833年でロバート・スティーブンソンによって建設された。複雑に入り組んだヘブリディーズ諸島の細い海峡では灯台は重宝されただろう。
第二次世界大戦中は非常に重要な役割を果たし、職員が海に墜落した飛行士を救出したこともあったという。
1965年に完全に無人化され、現在も航行する船舶の道標となっている。
1527年にDuart Castleの城主が妻を殺そうとしたレディロック岩礁がすぐ近くにある。

A white beautiful lighthouse to see by ferries from Oban to Craignure, Isle of Mull. The lighthouse at the south west end of Lismore Islands is built on a islet called Eilean Msdile.
It was built in 1833 by Robert Stevenson. It would be very useful in the intricate and narrow channel of Inner Hebrides.
It played a very important role during World War II, and it was said that the staff rescued the pilot who fell into the drink.
The lighthouse was become unmanned in 1965, and it is a landmark of the ship to navigate there days.
The skerry of Lady’s Rock, which the lord of Duart Castle was going to murder his wife in 1527, lies a short distance to the south west.

マル島のウィスキー

Sea Gull On The Ferry(19 Sep 2008)

Sea gull on the ferry

前回同様、カモメたちがフェリーについて飛ぶ。そして中には船に降りるのもいる。これならば楽に移動できる。
人が作り出した環境に順応する。野生動物は環境の変化に合わせて進化するのが得意なのかな。

Sea gulls flew after the ferry same as the last time in 2006, and some gulls got down on a ferry. It would be able to move easily.
wild animals adapted to the environment which a person created, they would be good at evolution according to the environmental change.

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ