Edinburgh(1)

Abbeyhill Distillery(24 September 2005)


古くからスコットランドの政治、文化の中心であるEdinburgh。今までに8ヶ所の蒸留所が存在したが1つのグレーン蒸留所を除き、すべて閉鎖されている。特にモルトウィスキー蒸留所は19世紀末までにほとんどが閉鎖された。都市部ではなかなか蒸留所の存続は難しいようでAberdeenやGlasgowもすべて無くなっている。
Abbeyhill蒸留所は1820年に現在のWaverley Stationの約500m東に建てられたが1852年頃には既に閉鎖されていた、非常に短命な蒸留所だった。その後、エール醸造所として利用された建物は現在も蒸留所がそこにあった事を主張するように残っている。


Edinburgh Castle(24 September 2005)


スコットランドの観光地といえば、真っ先にイメージするのがEdinburgh。でも私は4回目のスコットランド旅行でようやく訪れることになった。いろいろと観光スポットがあるEdinburghで1日何をしようかと考えたが古い蒸留所を探したり、Pubを回っておいしいReal Aleを楽しむことにした。しかしせっかく来たのだからEdinburgh Castleぐらいは内部を見学しようかとも思ったけど観光客が多く、時間もかかりそうだったので外から写真を撮るだけになった。でも城門にあるSir William WallaceとRobert de Bruceの銅像だけでもカメラに収めるべきだったとちょっと後悔している・・・まぁ、また行けばいいか。一般観光客がよく行く場所とは縁遠い一酒一会の旅はまだまだ続く。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
VELTRA