• タグ別アーカイブ: Lochead Distillery
  • Campbeltown(6)

    Benmore Distillery(25 April 2004)


    Campbeltownで最初にパゴダ屋根をモルトキルンの上に乗せたBenmore蒸留所は1862年創業でCampbeltownの蒸留所としては新しい部類に入る。19世紀終わり頃はSpringbank蒸留所と同規模の生産能力があった。しかし第一次大戦後のウィスキー不況の影響で1920年にオーナーが変わり、1927年に操業が停止された。
    現在はパゴダ屋根が外されたモルトキルンの建物が残っていて1936年に売却されたバス会社が車庫として使用している。
    残っている屋根の形状を見ると現在パゴダ屋根が残っている他の蒸留所と同じデザインのようにも見えるがCharles Doigが設計に関わったかどうかは不明。

    Benmore Distillery, the first distillery to build a pagoda roof on its malt kiln in Campbeltown, was established in 1862, One of the later distilleries in town. Its output was almost the same as Springbank Distillery at the end of 19th century. However Benmore Distillery was acquired by a new firm in 1920, distilling ceased in 1927 because of recession of whisky industry after the WW1.
    The building of malt kiln without the pagoda roof is remained and used as a bus garage by West Coast Motor Services, who bought the distillery in 1936.
    The shape of malt kiln is similar to malt kiln of other distilleries, but I don’t know if it was designed by Charles Chree Doig.

    続きを読む 投稿 ID 405