• タグ別アーカイブ: Dufftown
  • Dufftown(7)

    Mortlach Distillery(20 Sep 2007)


    ウィスキーの聖地、Dufftownで一番歴史のあるMortlach蒸留所。その創業は1823年でGlenlivet蒸留所やMacallan蒸留所と同じ世代となる。
    古い建物もあり、キルンのある建物が2棟残っていていろいろと写真を撮ってみたいけどビジターの扱いは最悪。まぁUD系の蒸留酒はどこでもそうだけど。
    キルンのある建物は使ってないだろうからビジター用の設備を作ればお客さん来ると思うけど。
    こういう蒸留所を訪れると鳥井信治郎さんの偉大さを思い出す。日本に帰ってから山崎蒸留所行こうかな。

    Dufftown, the capital of whisky. There are 6 distilleries, 3 lost distilleries. Mortlach Distillery is the oldest distillery in Dufftown, established in 1823. There are old buildings, include 2 kilns with pagoda roof.
    Tourists of the whisky enthusiast would be interested in Mortlach Distillery. However, they do not admit the entrance of the visitor. Though I think that many visitors would come to distillery same as some Japanese whisky distilleries if they have facilities for visitors.
    When I visited such a distillery I reminded greatness of Shinjiro Torii, founder of Suntory Whisky. I wanted to go to Yamazaki Distillery after I go back to Japan.

    Mortlach蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(6)

    Parkmore Distillery (28 Oct 2001)


    Glendullan蒸留所からKeith-Dufftown Railwayを挟んだ向かい側に残るParkmore蒸留所。ウィスキーブームの真っ只中の1894年に創業された蒸留所はそのブームが過ぎ去った1931年に閉鎖されるという時代に翻弄された歴史を持つ。
    閉鎖後は広い敷地に建てられたウェアハウスだけが使用された。今でもウィスキーを造っていてもおかしくない蒸留所は後に”1890年代のウィスキーブームの中で、外見的には最も完全に生き残った失われた蒸留所”という称号を与えられ、人々の記憶に残った。現在も観光案内用のフリーペーパーの地図には名前とその位置が書かれている。

    There is a ruins of old distillery, called Parkmore Distillery in Dufftown. It lies on the opposite side of Keith-Dufftown Railway from Glendullan Distillery. It was build in 1894, in the middle of the Whisky Boom in 1890s. And closed in 1931, after the finish of the boom. It has a history of making a fool by the boom.
    After the closing, warehouses had been used by other disttillers until 1980s because of massive capacity of warehouse.
    Most buildings are still remained and it looks like operational. Parkmore Distillery is described as “The most perfect survivor of the Whisky Boom in 1890s in distilleries”.

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(5)

    Dufftown Distillery (29 Oct 2001)


    聖地、Dufftownの町の名をつけるDufftown蒸留所は南側のDullan Waterの辺の低地にある。1896年に出来たDufftownでは新しい蒸留所の部類に入る。
    1960年代以降、何度かの改装工事がされたがモルトキルンを含めた昔ながらの建物は残っている。
    小雨が降る中、蒸留所を訪れるとスティルハウスに一人のスタッフがモニターの前で監視していた。外見は古くても中は近代的なシステムが導入されている。いくらコンピュータは嫌いと言っても本職はSE。ウィスキー造りという伝統的な産業にどのようにコンピュータシステムが導入されているかは興味深い所だ。

    As you know, Dufftown is the Whisky Capital, there are 7 distilleries in or around the town. Dufftown Distillery has the name of Whisky Capital, but it is rather a new distillery in Dufftown.
    Distillery had been repaired since 1960s. however they have had some old buildings of original distillery, include the malt kiln.
    When I visited the distillery, it was a rainy day. When I saw the Still House, the man saw the monitor of management system of disttiled spirits. They have a modern computer system.
    I’m a computer system engineer, though I don’t like a computer. But I’m really interested in the computer system of whisky distilleries.

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(4)

    Glendullan Distillery (28 Oct 2001)


    Glendullan蒸留所はDufftownの町外れ、River Fiddichの辺にある。1898年に建てられた蒸留所は1962年に改修されたが1972年に同じ敷地内に全く別の蒸留設備を建築し、生産力の強化を行った。旧施設は1985年に生産がストップされ、現在は建物が残っているのみ。
    蒸留所への入り口はKirth-Dufftown Railwayの線路近く。観光シーズンも終わり鉄道も運行されておらず、日曜日ということもあって非常に静かだ。蒸留所へ向かって歩いていると突然左側の土手で物音がした。好奇心旺盛な子鹿が普段見慣れない物体を見物しにきたようだ。蒸留所の庭では野ウサギ達が鬼ごっこをしていた。久しぶりにのどかな風景を見た気がした。

    Glendullan Distillery lies on the outskirts of Dufftown, beside River Fiddich. It was built in 1898 and renovated in 1962. New distillery was build next to original distillery to boost production in 1972. Original distillery mothballed in 1985. Now some buildings of old distillery include Malt Kiln are remained.
    The entrance of road to distillery is near Kirth-Dufftown Railway. It was not operated today, so really quiet around here.
    I walked to distillery. Suddenly, I heard a strange noise on my left. It was a fawn. He would probably be interested in a stranger, and rabbits played tag in the garden of distillery.

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(3)

    Convalmore Distillery(29 Oct 2001)


    Dufftownの北側の町外れにあるConvalmore蒸留所は1894年のウィスキーブームの時に建てられた。この時期に建てられた蒸留所らしく、鉄道のすぐ横にある。しかしその後の不況、火事、新しい試みとして連続式蒸留器の導入などいろいろな出来事があり、最終的に1985年に閉鎖された。
    名前の由来となったConvalhillはDufftownの西側に広がる丘陵地で、Dufftownにある蒸留所の多くがそこの泉から水を引いている。しかしその名前のついた蒸留所が無残な姿を残しているのは何とも心が痛む。現在の所有は南に隣接するGlenfiddich、Balvenieを持つWilliam Grant & Son社。復活させてくれないかとかすかな期待をしている。

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(2)

    Balvenie Distillery(29 Oct 2001)


    Balvenie蒸留所は1892年にGlenfiddich蒸留所の姉妹蒸留所として北側に造られた。材料をGlen Fiddichと同じにしながらその製法はフロアモルティングやピートを使用する伝統的な手法を守り、全くタイプの違うウィスキーを作り出す。
    Glenfiddichで成功を収めたGrant Familyが将来を見越して別タイプのシングルモルトを造ることを考えたのならば、先見の明があったと感心させられる。
    最近は一般にも公開され、ツアーにも参加できる。再度訪れたい蒸留所の一つだ。

    続きを読む 投稿 ID 459


  • Dufftown(1)

    Glenfiddich Distillery(29 Oct 2001)


    緑の三角形のボトルに鹿のマークが印象的な、世界でもっとも飲まれているシングルモルトウィスキーを造るGlenfiddich蒸留所は、Dufftownの北の町外れにある。創業者がMortlach蒸留所から独立し、1887年に創業された蒸留所は1960年にシングルモルトの販売を開始した。当時としては画期的なことでウィスキーの歴史上、重要な位置にある蒸留所でもある。Dufftownに3蒸留所を経営し、拠点としているWilliam Grant & Sons社はConvalmoreの敷地も所有している。もう一つ蒸留所を増やして(復活させて)ほしいなと勝手な願いを思い続けている。

    続きを読む 投稿 ID 459