Aberlour(4)

Dailuaine Distillery(20 Sep 2007)



Aberlourの町から南西へ約3km、風景を楽しみながらSpeyside Wayを歩くにはちょうどいい場所にあるDailuaine蒸留所は1852年の創業。1863年に開通したStrathspey RailwayのDailuaine駅の近くにある。
Alfred Barnardの著書にはキルンのある蒸留所のイラストが掲載されているが1960年頃の改装で取り壊されたと思われる。Alfred Barnardによるとスコットランドで最も傾斜した屋根を持つ高さのある建物でコークスを使うことなくピートだけでモルトに繊細な香りを与えると記述されている。
そんな特徴的なキルン、見たかった。

Dailuaine Distillery lies about 3km south east of Aberlour, it is a good distance for walking on Speyside Way and enjoying sceneries. It was established in 1852 near Dailuaine Halt, station of Strathspey Railway opened in 1863.
There was a unique malt kiln in the distillery. According to The Whisky Distilleries of The United Kingdom wrtten by Alfred Barnard, the kiln was high building with steepest pitch roof in Scotland. It gave the malt a delicate aroma using peats only, not to use cokes.
However, the malt kiln would be demolished during a renovation around 1960.

Dailuaine蒸留所のウィスキー


Dailuaine Halt(20 Sep 2007)


Dailuaine蒸留所近くにある古い駅の跡。Strathspey Railway(1965年で廃線)で使用されていた施設が今も残っている。Dailuaine蒸留所もこの駅と次のCarronの中間で合流する専用の支線を持っていた。
竹鶴政孝氏がRothesに滞在していた時は鉄道を利用してGlenlivet蒸留所へ通っていたので、ちょっと途中下車してDailuaine蒸留所に寄ったかも知れない。私なら絶対そうする。

The ruin of the old station near Dailuaine distillery, it was a station of Strathspey Railway(closed in 1965) and still stay. Dailuaine Distillery had the exclusive lead-in which joined between Dailuaine and Carron(next station).
When Mr. Masataka Taketsuru, founder of Nikka Whisky, stayed in Rothes, he went to the Glenlivet Distillery by Strathspey Railway. So he might stop off at Dailuaine Halt and drop by Dailuaine Distillery.
If I were him, I did so absolutely.

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ