• カテゴリー別アーカイブ Islay
  • Port Charlotte(2)

    Octmore Farm(24 April 2004)


    Octmore蒸留所はPort Charlotteの背後の丘に古くからあったOctmore Farmに1816年に造られた蒸留所で60ガロンのポットスティル1基だけの非常に小規模な蒸留所だった。1840年頃には早くも操業停止に追い込まれ、そのまま閉鎖された。
    いつものようにバスで蒸留所巡りをしていた私はBruichladdich蒸留所のShopで思いのほか時間を費やし、気がつけば次の目的地、Port Charlotteへ向かうバスの時間まであと1分になっていた。あわてて蒸留所の前にあるバス停まで行き、周りを見渡すとバスはいない。どうやら間に合ったと思ったが、それから待つこと20分・・・ようやくバスに乗り遅れた事を理解した。
    “また歩くのか~”
    重い足取りでPort Charlotte方面へ歩いていると、車で蒸留所スタッフが通りかかった。
    “Port Charlotteへ行くけど乗る?”
    との有難い申し出に迷うことなくYesと答えてご好意に甘える。Loch Indaal蒸留所の建物を撮りたかったので場所を聞くとそこまで連れて行ってくれ、さらにOctmore蒸留所の場所も教えてくれた。私は親切なScotlandの人々のおかげで旅ができる。

    Octmore Distillery was build in 1814 at Octmore Farm, which was on the hill behind Port Charllote. It was a very small distillery, they had only one small pot still of 60 gallons. It was stoped making whisky around 1840, and then closed.
    I spent for a long time at shop in Bruichladdich Distillery. The bus to Port Charlotte was in 1 minute. I went to the bus stop in fromt of distillery in a hurry. I thought I was able to catch the bus, because I didin’t saw any bus.
    20 minutes later, I understood that I missed to catch the bus. I had to walk about 3km.
    I started to walk but I was pretty depressed. A few minute later, the car stopped at my side. The staff of Bruichladdich Distillery was going to Port Charlotte.
    “Where are you going? Take my car!”
    He took me to Port Charlotte, in front of warehouse of Loch Indaal Distillery and he gave me some information about Octmore Distillery.
    Scottish people often help me during my stay in Scotland. I always appreciate their kindness.

    オクトモア

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Bowmore(2)

    Bowmore Distillery(22 April 2004)


    スコットランドの蒸留所で最も印象的な建物はモルトキルン。現在よく見られる形状のものは19世紀末に建築家、Charles Doigによってデザインされた。
    ちょっと東洋的なこの建造物はかつては麦芽を乾かすために必要なものだったが現在、ほとんどの蒸留所がフロアモルティングを行っていないのでモルトキルンは取り壊されたり、他の施設に改造されたりしている。
    Bowmoreは今もフロアモルティングを行っている数少ない蒸留所の一つ。パゴダ屋根の形もユニークな形状をしている。

    I think the most impressive and symbolic building of distilleries in Scotland is malt kiln. It was build on Dailuaine Distillery at first by Charles Doig in 1889, and he also designed a lot of kiln in Scotland in the end of 19th.
    Malt kiln was important building to dry barley malt, but now most distilleries don’t make barley malt by themselves. So malt kiln is demolished or reconstructed for visitor centre or shop.
    Bowmore Distillery is one of the distilleries which make barley malt by floor malting. The shape of pagoda roof is really unique.

    Bowmore蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Ardbeg(1)

    Ardbeg Distillery(23 April 2004)


    Islayの中でもひときわスモーキーフレーバーが強いと言われるArdbeg。その創業は1815年となっているけど1794年にこの地でウィスキーを造っていたという記録も残っている。創業者の一族、MacDougall家が1977年まで運営を行ってきたがHiram Walker社が買収し、直後の1980年から1989年まで操業を停止していた。1989年から1996年までAllied Distillers社が不定期にウィスキー造りを行った。この頃は完全にフロアモルティングを止め、Port Ellenからヘビーピートタイプの麦芽を購入していた。
    1997年にGlenmorangie社が買収し、完全にウィスキー造りを再開した。1998年から2連のモルトキルンの改装が始まり、フロアモルティング再開かと期待されたがショップとカフェへの改装であり、フロアモルティングは再開されそうにない。

    Ardbeg has a strong peat and smokey flavor. It is said that Ardbeg is the most smokey and peaty whisky. It was legally established in 1815 by John MacDougall, but there was the record which was made whisky around Ardbeg in 1794. MacDougalls had operated Ardbeg Distillery until 1977. Hiram Walker acquired in 1977 and distillery was mothballed from 1980 to 1989. Ardbeg Distillery was taken over by Allied Distillers and they operated and made whsky irregularity from 1989 to 1996. Floor malting didin’t work and they bought strong peated malt from Port Ellen Malting at that time.
    In 1997, Glenmorangie acquired Ardbeg Distillery and restarted making whisky. In 1998, repair of malt kiln had started. People expected restart of floor malting. But it was a rebuild of distillery shop and cafe. Floor malting won’t be restarted.

    Ardbeg蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Port Askaig(2)

    Caol Ila Distillery(20 April 2004)


    Port Askaigの町から北へ約1kmの海岸沿いの狭い平地にあるCaol Ila蒸留所。その名前は目の前を流れるアイラ海峡から来ている。
    創業は1846年、その後何度もオーナーが代わり、1879年には1回目の建て替え、1927年にDCL(UDの前身)に買収された後、1930~1937年までは操業停止と順調とは言えない歴史を持っている。1972~1974年の大規模な建て替えでウェアハウス以外はすべて建て直され、UDの共通仕様のStill Houseを始め、近代的な蒸留所となった。生産量も島の蒸留所の中で最大規模となっている。個人的には古い写真でしか見ることの出来ないキルンを残しておいて欲しかったが・・・。

    Caol Ila Distillery lies about 1km north of Port Askaig.It named from Sound of Islay.
    Distillery was established in 1846. After that, some owners owned Caol Ila Distillery. It was rebuilded and expanded in 1879.
    In 1927 DCL(UDV) acquired Caol Ila Distillery. And it was mothballed from 1930 to 1937.
    In 1972, distillery was rebuilded again, most buildings were rebuilded, except some warehouses, and equipments were changed, It became a modern distillery. Now, annual output of Caol Ila is the highlest in Isle of Islay.
    For me, I wanted to remain the beautiful KILN which we can see the old photograph.

    Caol Ila蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Port Askaig(1)

    Bunnahabhain Distillery(19 April 2004)


    Islayで一番北にあるBunnahabhain蒸留所は1883年に操業を開始した、島では新しい蒸留所。アイラモルトの特徴でもあるピートの香りが一番弱い。創業者が他と同じ物を作っても勝てないと思ったのか自然の成り行きか・・・
    アメリカでは非常に人気があると言われているが最近のアイラモルトブームでどうなっているかは不明。ボトルに描かれた船乗りも2代目になってちょっとハンサムになったかな?

    Bunnahabhain Distillery is the most northern distillery in Isle of Islay, and one of the newest distillery. Whisky of Bunnahabhain isn’t peaty and smokey. Peat flavour is one of unique character of Islay malt whisky. I don’t know why it doesn’t have it. Is it a kind of marketing? or natural?
    I heard that Bunnahabhain malt whisky was really popular in US. But these days, strong peated and strong smokey flavoured malt is boom among malt connoisseur. I don’t know if Bunnahabhain malt whisky is popular now.
    After they changed bottle design, sailor of label is more stylish, I think.

    Bunnahabhain蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Port Ellen(1)

    Port Ellen Distillery(22 April 2004)


    Glasgow Airportの近くのHoliday Innに宿泊した私は9:00のIslay行きに搭乗するためにホテルを出た。外は雨が降っている。さっそくのScotch Weatherの歓迎。
    Islayまでの飛行機は日本のYS-11に似たプロペラ機。スコットランドでは離島便はプロペラ機がまだまだ主役だ。悪天候はあまりありがたくない。離陸するときになって更にひどくなってきた。
    幸いにも飛行中は揺れもせず、着陸態勢に入る頃には雲が切れ、晴れ間が見えてきた。
    “蒸留所が見えるかな?”
    と期待したのだけど、見えたのは港町の側にある工場だった。あれがPort Ellen?でも赤い屋根のキルンがなかった・・・
    数日後、Port Ellenに向かうバスの中から蒸留所を見たとき、建物が減っているのがわかった。既に取り壊し工事が完了したようでシンボル的な大きなキルンはない。蒸留所設備も取り除かれたようだ。ただ、Islayのウィスキー造りに携わっていることを主張するように大きなピート置き場にピートがたくさんあった。

    I left Holiday Inn Glasgow Airport. It was not good weather. I had to get on a 9:00 flight to Isle of Islay.
    That flight was a propeller plane, so bad weather was not welcome. When the plane took off, it rained strong.
    Mercifully, the weather was getting better and I could see the island on the plane.
    “Where is Port Ellen Distillery?”
    But I saw only a plant near a small port town. I didn’t think it was Port Ellen Distillery. Because there was no red roofed malt kiln.
    A few days later, I took the bus from Bowmore to Port Ellen. When I passed thought the side of Port Ellen Distillery, I knew that some buildings of distillery were demolished. There was not a red roofed kiln, it had been demolished.
    Just they had a large peat shed on the plant, as if it insist on relation of making whisky in Islay.

    Port Ellen蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241


  • Port Charlotte(1)

    Bruichladdich Distillery(24 April 2004)


    Bruichladdich蒸留所はPort Charlotteから北東に2km程のところにある。ちょうどLoch IndaalをはさんでBowmoreの町の対岸にあり、美しいLochの眺めの向こうにはBowmore蒸留所が見える。創業は1881年でIslay では2番目に新しい。1995年に当時の所有者であったWhyte & Mackay社が操業を停止したが2000年に元Bowmore蒸留所のJim McEwan氏と瓶詰め業者であるMurray McDavid社が買収し、Bruichladdich Distillery社として操業が再開された。2003年には小規模ではあるがIslayで初めての瓶詰め施設が完成した。
    伝統的なピート香の強くないモルトウィスキーをメインに、古い蒸留所の名をつけられた、ピート香の強いモルトウィスキー2種類の生産が開始されている。Port Charlotte、Octmoreと名付けられたこれらのモルトはPort Charlotteの町に残っているLoch Indaal蒸留所のウェアハウスで熟成されている。

    Bruichladdich Distillery lie n north east of Port Charlotte. Just there on the opposite shore of Bowmore of town across the Loch Indaal. See the Bowmore distillery on the other side of the beautiful Loch view.
    It was established in 1881, the second newest distillery in Isle of Islay.
    Bruichladdich was mothballed in 1995 by Whyte & Mackay Co. Ltd. After that, Mr. Jim McEwan and Murray McDavid, independent Bottler, took over and restart to produce whisky. In 2003, they finished to build the bottling line, the first bottling equipment in Isle of Islay though it is a very small.
    They produce not strong peat and smoking flavor malt whisky, it is their traditional style, and two types of strong peat flavor malt whisky, called Port Charlotte and Octmore. Those are aged in warehouse, remain of Loch Indaal distillery in the town of Port Charlotte.

    Bruichladdich蒸留所のウィスキー

    続きを読む 投稿 ID 241